新卒社員のITリテラシーを高める重要性

1012_

「入社前に身につけておくべきスキルはありますか?」
就活生と面談をしていて、このような質問を受けることはありませんか?

 

入社前に必要なスキル

自分が同じ質問を受けたとするならば「ITリテラシー」を挙げます。

学生時代にPCを使用する機会としては、wordでのレポート作成、powerpointでのプレゼンテーション・発表等があるかと思いますが、実際のビジネス・業務の中で使いこなせる程のITリテラシーを持った新卒社員はなかなかいないのが現実だからです。内定者のうちに研修でPCやMicrosoft Office、データベースの仕組みを身につけることができれば、世間一般の新卒社員よりもずっと早く仕事がこなせるようになります。これは社員本人の自信にもつながります。

社内で使用している帳票やシステムをすぐに理解できたり、エラーが発生しても狼狽えることなく対応できたりする新卒社員、魅力的ではありませんか?

 

新卒社員に必要なITリテラシーとは

Microsoft Officeを使いこなすといっても、これまでは情報の講義や授業で触ったことがある程度という学生の皆さんには、まずビジネスではどのように使用しているかを伝える必要があります。かといって、実際の業務内容をそのまま伝えるのでは理解に時間がかかりますので、噛み砕いたものを研修の題材として準備する必要があります。

一般的に、下記のようなスキルが身につけば、業務でのPC操作に支障が出ることはほぼないと考えます。

Excel

・基礎的な関数の習得、使いやすい帳票の作成
・ビジネスシーンにありがちな応用編
・ピボットテーブルを有効活用したデータ分析

Access

・データベースの概念をつかむ

word

・学生レポートとは違うビジネス文書、見やすいレイアウトの文書作成
・ExcelとWordで素早く文書を発行(差し込み印刷)

powerpoint

・かっこいい、わかりやすいプレゼンテーション
・図表の作成、加工、画面の切り換え効果

全ての機能を覚え、使いこなす必要はありません。あくまで「PC、Microsoft Officeをどんな作業に使うことができるか」を見極める道筋がわかればよいのです。そのカンを持つことができれば、初めて行う業務・作業にも臆することなく取り組むことができます。

 

弊社(SR)の場合

SRのITリテラシー研修では、ExcelなどのOfficeソフトや社内で導入しているツールの使い方を取り上げ、最終的に「業務の効率化」に向けて自分ができることは何かを考えられるような研修を行っています。上記に挙げた項目以外にも、

・マクロでの自動処理、VBAを使用した業務に役立つアプリの開発(Excel)

・業務で使用することを想定したデータ管理ツール作成(Access)

・使いやすい業務マニュアルの作成(word)

自己紹介ムービーの作成(powerpoint)

これらについて研修で取り扱い、実際に入社した後の業務に大いに役立っています。

 

まとめ

実際、自分も内定者時代の研修によってITリテラシーをある程度身につけていたことから、入社してOJTを受ける際、PC操作についての疑問が業務内容に対する疑問を邪魔することがなかったため、業務に集中することができたという経験があります。

本人が仕事を覚えるのを、仕事以外のものが邪魔してしまってはかわいそうですよね。内定者時代にその研修を受けることで、新卒社員の吸収力をうまく伸ばしてあげられるようにしていきたいものです。

また、ITリテラシーの研修の中に業務の内容を少しずつ取り込んでいき「実際の業務ではこういう風に使っています」と見せる機会があると、入社後の仕事に対するイメージがつきやすくなり入社前後でのギャップも発生しにくくなります。

ぜひお試しくださいませ。

 

新卒社員の勢い、熱量をうまく活用して「内圧」とし、よい職場を作って行きたいですね。

他社事例のご紹介・お問い合わせについてはこちらからどうぞ!

btn_contact1-e1418828565547