“介護離職ゼロ”に向けて企業ができることとは?

0629

「親の看護で…」 「介護をする人がいなくて…」

こういった事情で退職された社員の方を、見たことはありませんか? 働き盛りの中堅社員の離職理由として、近年顕著になっているのが「介護」です。

会社にとっては、重要な戦力が減ってしまうというリスクがあり、もちろん社員も、「まだ働きたい!」という気持ちがあるにもかかわらず、地元に戻らなくてはならないという現状があります。   厚生労働省でも取り組みが進められています。(仕事と介護の両立 ~介護離職を防ぐために~

注目の介護予防・日常生活支援総合事業については、要支援者向けの訪問介護が市町村の事業に移行されることとなります。 サービス類型の変化や、軽度者へのサービスの充実などがありますが、利用者によいサービスが提供されることが重要ですね。

こんなサイト(両立支援の広場)もできています。

ryouritu

 

介護離職問題を解消できるか否かは企業の支援がカギを握っている

しかし、企業に勤めている人が自分で情報収集をして市区町村の事業を調べたり、個別に依頼をしたりするのは、思っている以上に難しいこと。定期的に介護に関する事業やサービスの情報を社内展開することや、従業員が介護に関して知ることができる仕組みを整備していく必要があります。

フレックスタイム制の導入や在宅勤務制度については整備を進め、就業規則に定型的に規定するだけではなく、介護との両立を支援し、それを可能にするための制度を運用していくことももちろん重要です。

また、制度を作っても、定着・運用がうまくいかなければ意味がありません。

企業と従業員のあいだで起こる「介護トラブル」を防衛する方法は livedoorニュース)

 

介護離職にお悩みの方、必見です。

「すぐに制度を組む余裕がない…」「もしすぐに介護が必要な社員がいたら…?」

そこで、ご紹介したいのが、日本初の介護離職を防ぐ新福利厚生サービス「あわーず福利厚生課」です。社員のご両親の要介護認定度チェック・要介護申請代行、全国でのサービス提供までをワンストップで、企業にとって負担がゼロで提供するサービスです。

申し込みをしたからといってすぐにサービスが始まるというものではありません。必要なときにだけ、必要な分だけご連絡いただき、社員の皆様のサポートをさせていただきます。

 

“介護離職ゼロ”に向けて、取り組みを始めてみませんか?

お問い合わせは下記よりどうぞ!

btn_contact1-e1418828565547