「介護支援取組助成金」の要件が変更になりました!(両立支援等助成金より)

0622

先週の金曜日、両立支援等助成金のうち「介護支援取組助成金」の一部内容が変更されました。
平成28年6月24日(金)から支給要件の一部が見直されます。

 

要件の追加

支給要件に下記2点が追加されました。

1.介護関係制度の設計・見直し

育児・介護休業法に定める介護関係制度について、法律を上回る制度を導入すること

2.働き方改革の取組

年次有給休暇の取得促進、時間外労働時間の削減について、一定水準以上の実績があること。

要件の変更

今までの支給要件にも変更がかかり、流れが下記のようになりました。

 

------

1. 仕事と介護の両立に関する実態把握(アンケート調査)

計画の内容として「1.制度設計・見直し」「2.社内研修」をより効果的に行うため、まずアンケート調査を行い、その後に「 制度設計・見直し」「社内研修」を行う。

2.制度設計・見直し

育児・介護休業法に基づく制度を利用しやすくするため、育児・介護休業法に定める介護関係制度について、法律を上回るものを導入する。(3・4より前に実施することが決められています)

3. 介護に直面する前の労働者への支援(社内研修・制度周知)

実施時期はアンケート調査後、研修時間は1時間以上を確保し、受講者が雇用保険被保険者の8割以上である必要がある。効果的な研修とするため、研修時間内に質疑応答ができるような内容とする

4. 介護に直面した労働者への支援(相談窓口の設置・周知)

相談窓口は、氏名、電話番号、メールアドレス等で特定できる必要がある。
より相談しやすい体制整備のため、相談窓口担当者は社内研修に参加することが要件。

5. 働き方改革

○年次有給休暇の取得促進
○介護をしながら働き続けやすい環境整備のため、時間外労働時間の削減について、1~4に取り組んでから3か月間経過後、一定水準以上の実績があることが必要

 

------

 

 

受給条件が少し難しくなったように感じます。
特に新しく要件に追加された3と5が曲者になりそうな予感… 3は新しく就業規則に介護制度の追加、5は出勤簿の確認など厳しくなっています。

 

より詳しく知りたい方は弊社の無料助成金セミナーにご参加ください。

 

お問い合わせは下記よりどうぞ!

btn_contact1-e1418828565547