【面談・委員会以外もあるんです!】産業医の役割とは?

図1

今回は安全衛生業務シリーズ第2弾としまして、産業医の役割についてお話していきたいと思います。

そもそも産業医とは?

企業で働く社員の健康管理を担当する医師のことを言います。職務の内容としては、健康に関する指導や面談、環境改善指示、就労可否の判断等が該当します。 常時50人以上の労働者を使用する会社では、1名以上の産業医を配置することが労働安全衛生法第13条で義務付けられています。この常時50人とは、どの雇用形態の社員であっても該当しますので、アルバイトやパートを含めて、雇用している社員が50名以上いる場合に配置義務があります。(50人未満の場合の配置は努力義務です。)

職務の内容

産業医の職務の内容としては、下記のように定められています。

  1. 健康診断及び面接指導等の実施並びにこれらの結果に基づく労働者の健康を保持するための措置に関すること。
  2. 作業環境の維持管理に関すること。
  3. 作業の管理に関すること。
  4. 前3号に掲げるもののほか、労働者の健康管理に関すること。
  5. 健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること。
  6. 衛生教育に関すること。
  7. 労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること。

引用:日本医師会

具体的に言うと、

◆長時間労働者(残業が月100時間を超える社員)に対する面談・指導
◆労働者の傷病・障害についての評価・判断
◆健康障害や労災を防止するための、職場環境に関する指導・助言
◆健康障害や労災が発生した場合の原因調査、再発防止策等の指導
◆休職・復職時の「働けるかという観点」での面談・判断
◆企業への勧告(労働者の健康を確保するため必要があると認めるとき)
◆事業場巡回(月に1回)

などがあります。

産業医の仕事として、「安全衛生委員会への参加」「長時間労働者の面談」をよく耳にすることと思います。これは、最低限企業の中で必要な職務で、かつ一般の人事部の社員ではできない専門的な分野の仕事です。そのため、この部分だけはと最低限の契約をしている企業が多く見られます。

しかし、他にも重要な役割があります。

産業医は○○科に強いと特に良い!?

忘れがちで重要な役割、それは「休職・復職の面談」です。

社員がメンタルの病気に罹ると、もちろんご自身で病院を探され、主治医の指示に従って投薬や療養をします。

しかし、主治医は病気の治療をする医師ですので、「日常生活をおくれるレベルまで回復しているか」という観点で診療を行い、治療や診断をしています。そのため、社員が早期復職を希望しているがために、病気が完治していない状態で主治医から「復職可」の診断書を入手してしまうと、病気が完治していないために職場復帰後再度休職、また復帰…と繰り返してしまうことも考えられます。これでは、会社よりもむしろご本人の為になりません。

そこで、産業医の面談が重要になってきます。産業医は「会社での勤務に耐えられるレベルまで病状が回復しているか」という観点で、さらに会社での環境面、例えば業務の負荷や勤務時間、上司との人間関係など、主治医の把握できていない情報も踏まえて診断をしていますので、よりご本人が職場に復帰して働くことに関して綿密な判断ができます。

また、内科・精神科・整形外科の医師が、機会があって産業医をやっているということも多く、中にはメンタル疾患に関して専門外であるという医師も少なくありません。(※全ての医師が精神科を診ないという訳ではありません)現在では休職理由にメンタル疾患が挙がることも少なくなく、ストレスチェックの対応も必要になってきますので、精神科でない医師と産業医契約を結んでいて、かつメンタル疾患を診てもらうことができていないという場合には、ストレスチェック・メンタル疾患に関してのみ、精神科の医師に産業医として来てもらうことも必要です。ただし、その分料金もかかりますので、会社によって判断は分かれます。

一番良いのは、精神科に強い医師に診てもらうことです!

 

まとめ

産業医の役割をまとめてきましたが、重要なことは「健康に関してリスクを抱えている社員を洗い出すこと」「人事の相談相手になってくれること」この2点に絞られると思います。その上で、会社としてどのように社員の健康に関して取り組んでいくか、方向を固める必要があります。

現在は、ストレスチェックの実施も必須となっています。また、休職理由で一番多いのがメンタルの病気と言われています。特に「精神科」に強い産業医の先生と良好な関係を持っていきたいものです。

 

「他社ではどうしているの?」そんな疑問がありましたら、こちらからどうぞ!

btn_contact